汚れた家具は処分する? 自分の好みにリメイクして、もう一度使ってみませんか?

こんにちは。

リユースマスター®の佐藤美香です。

 

先日の記事

思い出の家具、手放したくないからリメイクして使っています

に引き続き、家具のリメイクについて。

写真中央にあるのは、IKEAのTROFAST 収納コンビネーション。

次女が1歳頃購入したと記憶しています。

子供のオモチャや絵本どうしていますか? 過去の失敗お見せします 2

で、部屋の統一感を出すためピンクのガムテープを貼ったと書きましたが、

実はシールを貼った後が残っていたりして汚いのを隠すという意味もありました。

 

この部屋の変更後、子供達も成長し、

今度は次女の小学校入学を機に机を購入し、部屋の大掛かりな変更を迎えました。

 

その時に迷ったのが、こちらのTROFAST.

随分汚れているし、もうとっくに元は取れるぐらい使っています。

ですが、娘たちは手放したくないとのことでしたので、模様替えした部屋に合わせてリメイクすることにしました。

 

■まずは内側の色塗り

中と外の色を変えてみることにして、内側から塗ることにしました。

 

重たい家具を移動して外で塗るのはつらいので、養生して塗ることに。

 

■今度は外側

先に塗った内側が乾くのを待って、まわりを養生して、外側に取り掛かります。

この時、内側を養生するため「紙持ってきて~」と長女に頼んだところ、学力テストを持ってきました・・・。

長女、過去は振り返らない・・・・(--;)

 

■自分たちで仕上げた家具は愛おしいらしい・・・

出来上がりを体ごとで喜ぶ次女。

 

部屋に置くとこんな感じになりました。

この横には、先日の記事

思い出の家具、手放したくないからリメイクして使っています

の椅子と、イーゼルがあります。

元々は、不揃いで汚れていたりした家具が、少し手を加えることで統一感と楽しい思い出が加わりました。

リメイクのために購入したのは、大きめの白いペンキ1缶と、小さな赤と青のペンキ(混ぜてパープルにしました)のみ。

3千円しないで、ここまで出来ました。

 

何でも、安価で揃う時代。

新しいものを便利に利用するのも大切ですが、処分する以外の方法をみつけることも大切です。

 

モノがうまく循環できる仕組みを作っていきたいですね。

 

リユースマスター2級資格認定講座、

5月26日(金)13:30~16:00 

日産スタジアム内 横浜市スポーツ医科学センター

にて開催予定です。

 

ご興味のある方は、こちらをご覧ください。

リユースマスター2級資格認定講座 お申込み

 

同日、同会場にて、

 

ライフオーガナイザー入門講座

5月26日(金)10:00~12:30(最長13:00)

も開催予定です。

※両講座をお申込みの際は、申し込みフォームが異なりますのでご注意ください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご質問・お問い合わせは、

コチラから、どうぞ
Copyright 2017 愛家(あいか)