姑との良好な関係を保つためにやっていること 

おはようございます。

佐藤シコミーヌ美香です。

 

「毎日シコミーヌ」

今日は冷蔵庫のリセットについて。

タイトル間違ってる??と思ったあなた、いえいえ合っています。

これは、14年嫁をやってきて、姑に対してキレない良好な関係を保つために、

作った仕組みの1つです。

 

主人の田舎から、予告ないお届け物があることは何度か書いていますが、

予告なきお届け物の他、帰省の際には段ボール4箱前後野菜や手作り品やらを頂いて帰ります。

これだけ話すと「羨ましい」と言われるのですが、

皮付きの筍20本とか、ミョウガ200本とか、ネギ240本とか、白菜12個とか、

「そんなに食べきれないし、配れない」と言って、減らしてもらってこの量です(^^;)

(全部が綺麗な状態ではないので、人に配れるものも限られたりするのです・・・)

 

結婚して数年、どれだけ言っても持たされるたり、送られてくる、

この量が苦痛で仕方ありませんでした。

 

どうにか調理しても、ぐちゃぐちゃの冷蔵庫には入りきらない。

食材を無駄にすることも胸が痛みますが、時間も無駄にされた気がして、イライラが止まりませんでした。

 

でも、ある時考えました。

冷蔵庫がぐちゃぐちゃで入りきらないのは、姑のせいではなく、私。。。

もともと自分がアレコレ適当に詰め込んでおいて、

色々持たされるから(送ってくるから)とイライラするのは問題のすり替えです。

 

姑も、喜んで欲しくてやっているわけですしね。

 

だから、帰省前には冷蔵庫の中の食材を極力使い切るようにしたり、

そろそろ送られてくる頃または送られてきた時に、冷蔵庫の掃除をするようにしました。

先日は、野菜室の引き出しを全部外して洗いました。

私は一気にリセットしたいので豪快に洗いますが、

重曹やアルコールで拭くだけでも良いと思うのです。

 

一旦綺麗に整えると、新たに入ってくるものへの対応も楽になります。

これは、冷蔵庫だけでなく、他のお部屋も一緒ですね。

 

この綺麗な状態が、モチベーションをあげてくれています。

出来るだけ保ちたい、そう思うと頑張れたりするのです。

私にとって、冷蔵庫の中をリセットすることは、とても大きな効果を生んでくれたのです。

 

嫌だ嫌だと受け取るのも自分、気分よく受け取るのも自分。

ならば、自分の出来る準備で後者を選びたい。

 

姑からの大量の愛、

「挑まれた勝負に、用意周到な私が勝つ」そんな思いでこなしています(^^;)

 

「毎日シコミーヌ」

前回の贈り物は、8割がた捌きました。

自分の中のリセットって大事です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご質問・お問い合わせは、

コチラから、どうぞ
Copyright 2017 愛家(あいか)