趣味お菓子作りの小学5年生 見守る母は驚くこと多し(^^;;

おはようございます。

佐藤シコミーヌ美香です。
昨日、仕事から帰ると小学5年生の次女は習い事に出掛けて、家にいませんでした。

コンロには鍋が出ています。

次女はお菓子作りが好きです。

学校から帰り、習い事に行くまでの30分ほどの時間でも、何か作ったりします。

おかげで、家を出るのはギリギリになったり、忘れ物したり、宿題をやってないことすら忘れていたり、母としてはイライラ・ヒヤヒヤさせられることもありますが、本人が気づくまで気長に見守ってみるかと思ってます。

そんな次女がおいていった鍋…。

何が入ってるのか??と開けたところ…。


気持ち悪いんですけど〜((((;゚Д゚)))))))

洗うのが大変そうなので、鍋を水に浸けておこうと思いましたが、念のため中身をスプーンでとり器へ。

帰ってきた次女に確認すると、やはり彼女の作品のでした(^^;;

「食べて」と言われなかったことに感謝(^^;;

とても美味しくて見栄えも良いものを作り驚くこともあれば、今回のようなこともありますが、次女の「好き」がスクスク育ちますように…(^^)

これからもイライラ・ヒヤヒヤしながら、母は見守ろうと思うのでした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご質問・お問い合わせは、

コチラから、どうぞ
Copyright 2017 愛家(あいか)