使用済インクカートリッジどうしてる? 夏休み『捨てない片づけ』9日目

こんばんは。

リユースマスター®️インストラクターの佐藤美香です。

夏休みを『捨てない片づけ』強化月間として、せっせと片づけを進めております。

 

今日は使用済インクカートリッジ。

 

次女の通う小学校では、夏休みに入ってから三者面談があります。

 

小学校に行く時は、家のある場所ある場所を確認。

名づけて『小さな資源ゴミステーション』

こちらについては、以前片づけ収納ドットコムにて掲載されていますので、そちらの記事をご確認ください。

もうなくさない!回収待ちの“小さな資源”はまとめて管理

 

久しぶりに小学校に行ったので、随分ためてしまってました(;´・ω・)

 

私の住んでいる横浜市では、使用済インクは燃やすゴミの回収日に出しことも可能です。

 

こちらは、横浜市のごみアプリの画面。

ゴミ分別アプリについては、片づけ収納ドットコムのリユースマスター下川美歩さんの記事ををご覧ください↓。

手放すことを先延ばしにしない!“ごみ分別アプリ”のすすめ

 

 

燃やすゴミで出していたなら、こんなにためなくても済んだかも(;´・ω・)

ですが、資源として活用できるものは、出来るだけゴミではなく資源にしたい。

 

私の場合は、一番近くにある回収ボックスが小学校なので、小学校に持って行っていますが、

区役所や図書館の他、回収ボックスを設置しているスーパーなどもあります。

電気屋さんによっては、使用済インクカートリッジを持っていくと、

新しいインクの購入時にポイントをつけてくれるキャンペーンをやっていたりもするようです。

近くに出すのが出しやすいのか?

手続きの時に持って行くなら忘れないのか?

ちょっとお得なことがあるなら出してもいいのか?

合う方法は人それぞれ。

是非ご自分にあった方法をみつけて続けて欲しいなと思います。

 

お帰りの際に、ポチっと下さると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご質問・お問い合わせは、

コチラから、どうぞ
Copyright 2017 愛家(あいか)