ワクワクする手放し方 ランドセルのリメイクをお願いしました

ライフオーガナイザーの佐藤美香です。
今年度は、次女が小学校を卒業します。
長女の時は、
ママ友たちと早くから根回しをして、
子どもたちをその気にさせて、
卒業式に袴を着てもらう
という私の夢がかないました。
そして、
2度目の小学校卒業を前に気になっているのが、
ランドセル。
長女が卒業して2年、
「もう使わないけど、なんか手放せない・・・。」
とまだランドセルを手放さずにおりました。
だからといって、
大事にしているかというと、
部屋の端に置かれたままで、
見返したりしている様子もない(-_-;)
海外へ寄付先など、
いくつか紹介もしましたが、
どうも踏ん切りがつかないようでした。
6年間連れ添った思い出深いランドセル、
本人が納得いくまで待とうと思っていました。
そんな時、
いつも読んでいるリュクライフマガジン
の↓こちらの記事

「ラン活」のその後。思い出の残し方

に感激!!

 

長女にこの記事を読んでもらい

「どう思う?」と聞いてみたところ、

「すごくイイ!!」と乗り気。

一緒に読んだ次女も乗り気。

 

2人のランドセルの色は赤と茶と違うため、

「お母さんは赤で、

お父さんは茶色で名刺入れ作れるね。」と、

まだオーダーもしないうちに、

妄想が広がります。

もう私が一番ノリノリという状態(;・∀・)

 

で、

早速友人に連絡し、

託してきましたランドセル。

〜あなたを咲かせる 世界でひとつのバッグ〜

TSUBAKI

 

どこの部分で、どんなものが作れるか?

どんな形のものが欲しいのか、

長女の希望の品と

私の欲しいもの(こっちがメイン(;・∀・)になる話っぷり)を

お願いしてきました~。

 

出来上がるまで楽しみで仕方ありません。

 

こんなワクワクする手放し方なら、

手放すことへのハードルはぐっと下がりますね。

 

思い出の着物をバッグにしたりも出来るそうですよ!

 

モノは使わないことが(飾るのは別ですが)

一番もったいないと思うのです。

 

もう一度、

活躍する場の1つとして、

ランドセルのリメイクお勧めです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご質問・お問い合わせは、

コチラから、どうぞ